« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

恥ずかしく感じる

昨日のブログで、「収拾」と書くべきところ

「収集」と2回も書いてしまった。

恥ずかしい。

もう、10年以上、沖縄三線をかついで

宴会やまつりに呼ばれたりして演奏いるのに、

先日、3ヶ月前から始めた人に紹介してもらって、

ある師匠の元に一緒に習いに行くことにした。

弾き方が少し違う、ということもあるが、

ついていけなかったりした。

顔から火が出るほど、恥ずかしいと感じた。

今日、大阪知事選挙と大阪市長選挙の投開票があった。

この結果は、大阪人として、かなり恥ずかしい。

なぜって?

これからを見ていてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢中になる

私は、何かに夢中になると「ストップ」がかけられない性質がある。

掃除が最たるもので、最近はそれが怖いばかりに

何にも手をつけられず、家の中は散らかり放題。

次女が週1回、大学生の男性の家庭教師に来てもらっている。

(教える練習をしたい、と格安で教えに来てくれている)

彼が、次女の部屋に行くまでの通り道を

週一回はなんとか見れるようにはしているが、

その掃除をするたびに、

「お掃除夢中スポット」を発見しては、

「ダメダメ、今はダメ」

と必死で自分を抑えている。

結構ストレスかもしれない。

そういえば、最近勉強をさぼっていた次女が

今日は、家庭教師の3時間を含めて7時間がんばったそうだ。

ほぼ、勉強=ゲーム 感覚の彼女が寝しなにいったことば。

「すっとした、というか、落ち着いた。」

らしい。

そうか。

そうだろうな。

やりたい、おもしろい、夢中になる

それを、「広げ過ぎて収集がつかなくなるから」

という理由で、1スポットずつのお掃除をしているが、

ストレスを逆に溜めているのかもしれない。

でもな~

ホントに、収集付かなくなるのは必至なので、

やはり、年末まで1スポット作戦でいくしかない。

が厄介なことに、

夢中になるのに、3ステップくらいの峠を越さないといけない。

これまでは、1回3ステップを超えたら、

家中お掃除できたが、

(そのかわり、日は暮れ、精根尽きはて、最後は押しこむことになるが・・・)

この方式で行くと、

何度も3ステップの峠を越えなくてはならない。

年末までに、この峠を何度越せるだろうか。

夢中になる。

素敵だけど、難しいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

自分のいびきを聞く

今日、また、母の鍼灸治療している横で、

電気温熱マッサージ機を背中にのせてくれて、

横たわっていました。

あ~至福の時。

心地よい振動と、少し熱いめの温度の設定がなんとも気持ちいい・・・

すると、母と先生が隣でしている話声をしっかり聞きながら、

その同じ耳に

なんと、自分のいびきが聞こえてきた。

??

私寝てるのか?

すると、隣で先生が、「あら~爆睡してはるわ~」「疲れてはるな~」

いや、先生起きてますって。

と思いながら、またいびき。。。

この眠りと覚醒の狭間を漂う感じ・・・

あ~最高に気持ちよかった~

その後、すわってから先生が施した肩もみは、

死ぬかと思うほど痛かった・・・目が覚めましたわ~トホホ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

涙を流す

昨日のブログで、「ドンの命日」を書きながら、

久しぶりに、大泣きできました。

もう二度と戻ってこないけれど、

確かに一緒に過ごしたドンとの時間を、

つい昨日のように感じながら、

毛並みや、鼻の冷たさや、愛くるしい目の表情や、

おどけたしぐさや、じゃれついてきた時の爪や歯に触れた痛みや、

たいくそうな顔や、喜んでいる顔や、悲しげな顔・・・

今手に触れたよに感じながら・・・

泣きました。

あ~すっきりしました。

大切な亡きものを思い起こし、

心の中によみがえらせる、

それが、命日なんです。

しっかり悲しみ、しっかり泣いて、

そして、そこから元気になれる。

やっぱり、出会いは、例え別れがきたとしても、

しっかりと自分を支えてくれるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドンの命日

名前 ドン=ハナグロフスキー

愛称 ドン タヌキ犬  ドンくさいドン

不詳(1975年位)~1988年11月23日

犬種 雑種

大きさ 中型

特徴 全体にベージュ色、

    ライオンのタテガミような顔のまわりの毛と、

    口の周りが黒、毛はスピッツ系の長さ

出会い 私が小学校4年生の夏休み、夜の間に夕立のような雨が降った次の朝

     玄関の前でチョコンと座って家の中の様子を首をかしげて見ていたのを

     いつもより早起きをした私が見つけた。

別れ 数々の思い出を残して、23年前の11月23日

    仕事で忙しくて看病できなかった私の休みを待っていたかのように

    やっと、夕方まで家にいて病気のドンの世話をさせてくれた後、

    夢枕で一緒に掘り炬燵に入って休んだ夢を残して、天国へ行った。

あなたが、私にしてくれたことは、100の励ましの言葉よりも優しく、

100のお説教よりも生きる力を与えてくれたこと。

あなたがいなければ、今の私は絶対にいない。

そうであるか、別人になっていた。

ありがとう。ドン。

いつか、きっとあなたを生き返らせたい。

私が一生に1冊だけ書こうと思っている本に。

そうおもってから、23年。

まだ1行も書けていないけれど、

まだ、あなたの夢を見るほど、

いきいきと私の心に細かいしぐさまで生きているんです。

だから、まだ大丈夫と自分に言い聞かせています。

日が超えてしまったけれど、11月23日は、

何もせず、家にいました。

病気のあなたが、私を待ち続けた今日は、

どうしても、あなたのそばにいたかったから。

ちょっと、夜、娘と一緒に

映画に行ったけれどね。

この娘も、小さい時、私の帰りをずっと待ち続けていた娘。

あなたと、娘は、そんなところでかぶってしまう。

胸が張り裂けそうに申し訳ないけれど、

甘えてしまう。ごめんなさい。

かけがえのない、ドン

私の命

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

たこ焼きといか焼き

今日は歯医者さんに行く日。

いつも、治療後1時間は水分はとってもいいですが、

食べることはしないで、と言われます。

そう言われると何故か食べたくなるのが人情ですよね。

と言っても、さすがに治療後に食べるのはいけないだろうな~

でも、治療前ならOKさね~

と治療1時間前に、○神百貨店地下グルメフロアに踏み込んだ。

ここにくるのはホントに久しぶり。

B級グルメがギュ~ってあつまっていまして、

何を食べるか決めずに入ると、たちまち悩んでしまう。

(ほとんど粉モンで、どれを食べてもいいようなもんですが・・・)

でも、今日は数日前から食べそこなっている

「たこ焼き~~」と決めていたので、迷うことなくたこ焼き屋へ。

買う時に、「黒たこ」というのが目にはいったので、

一瞬、どっしょかな~

と思いましたが、とりあえず「普通のたこ焼き」を買い食べました。

でも、食べながら後悔し始めました。

「黒たこってどんな味やろ・・・普通のはいつもたべてるのに、

どうして普通を買ってしまったのやろ。。。」

いつもなら、あきらめたかもしれませんが、

今日は、なんせ歯の治療前(なんでやねん!)

「よし、黒たこ食べよ。」

と再びお店の窓口で「黒たこちょうだい」

と言うと、おっちゃん「大タコいくつ?」

「いや、黒たこ8つ」

「大タコ8つ、12個?」

「黒たこ8つ」

「大タコ8つね」

「いや、クロタコ」

「あ~すんません、クロタコね。はい黒入りました。」

・・・

「10分ほどおまちいただきますが。・・・」

わざとか~!と思いました。

「も~え~わ~」

と、結局「黒たこ」はあきらめましたが、

胃袋の方が、もう「黒たこ待ち」・・・

しゃ~ない、胃袋を納得させるには、

いか焼きしかない。

○神百貨店名物のいか焼きや・・・・

しばらく来ないうちに、こじゃれた雰囲気に・・・

前は、ずら~と30分待ちとかだったのに、なんと3人待ち

しかもその1、なんじゃ、この器は~

イカの形(タコにしか見えん)の舟にいか焼きのせてくれました。

しかもその2、ソースが刷毛で「テン」てしただけやった・・・

しかもその3、後ろの人のいか焼きは卵の黄身でまっ黄色やのに

私のは、白身ばっかりみたい・・・

味も、「こんなんやったかな~?」

いや、もっと薄くてもっちりでソースもたっぷりやったけど、

今日のは分厚すぎ~やし、ソースかかってないし!!

あかんで~

と大阪のおばちゃん丸出しの小言をぶつくさ言いながら、

(声には出してません。。。念のため)

歯医者へと向かいました。

はあ、残念やったな~

たこ焼きもいか焼きも、今日ははずれでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

気づいたら・・・!!!!!!!

長らく悶々、鬱々としている間に月日は流れ・・

大学の通信指導の提出期限が、なんと10日後。

後期は、前期の経験を元に、「楽勝やん」

と10教科もとってしまった。( ̄Д ̄;;O-No-

3日前に気づいて、

「毎日1教科仕上げないと、

12月1日必着に必遅になってしまうでないかいな~」

とこの3日間はなんとか計画通り3教科仕上げましたが、

ちょっと遊び心でとったアラビア語が痛い・・・

最後まで残ってしまいそう。。。

まあ、がんばります・・・楽しくね・・

せっかく浮上したし、もう落ち込めないからね。。。

なんとか11月27日までは。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

自分の体に感謝を・・・

いつものことですが、ここ2~3か月、

余りにハードなスケジュールをこなし、

綱渡りで日々をこえてきたからか、

ほとんど、自分時間をとっていなかったからか、

ここ1か月は電池切れ状態でした。

先日、母を天王寺にある鍼灸治療院に連れて行ったとき、

私があまりの疲れている様子だったのでしょう。

先生が隣の治療用ベッドに寝かせてくれて、

数か所のお灸と全身をマッサージ機で軽くマッサージしてくださいました。

あ~何か月ぶりだろう。

体に暖かい血が久しぶりにめぐりました。

先生が、体のあちこちのツボを抑えると、

手足バタバタ、「ウオ~いた~ぃっ」と叫ばずにはおれません。

「これで痛いのは相当病んでるで」と言われてしまいました。

確かに・・・

体のだるさ、しんどさはもちろん、考えることもネガティブ・・・

こんなにしんどいのに、よく考えたら、

毎日朝6時半に起きて弁当を作り、

夜遅くまで、なんやかんやとあって、帰宅は遅い日がほとんど。

休みの日には、溜まっている大学の宿題をし、

週に1~2回は母の通院や散歩、

自治会や学校支援のボランティア。

そして、9月10月は、地域の体育祭、文化祭、ミュージカル事務局、

秋祭り、まよネーズ演奏出番・・・

なのに、掃除できない~と落ち込んでいる私。

あまりに体を酷使していませんか?

てなもんですね。

やりたいことばかりやっていても、

こんなに酷使したら、つぶれてしまいます。

一つしか与えられていない体を、

こんなに粗末にしたらあきません。

まずは、こんなに無理をしてくれている自分の体に

感謝します。

そして、「何か(掃除)ができていない」

と言って自分を責めるのはやめよ。

(また、開き直ってる・・・)

あ~でも、来年までにはきれいに片付いた部屋にするぞ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

部屋の整理と心の整理

みなさんは、「よし、今日から心入れ変えて、○○するぞ!」

という時、まず何をされますか?

私は、髪を切ったり、部屋の掃除や整理をしたり、

新しいアイテムを購入したり・・・

でも、結局何日かすると、そんな決意もどこへやら。。。

私の人生は、ほぼ、そんなことの繰り返しで、

最近はそのストレスからか、食べすぎたり、飲みすぎたり・・・

あ~したい、こ~したい、という思いだけはあるのですが、

それが出来ないことがかえってストレスになったり・・・

で、性懲りもなく、また決意しました。

毎日、10分整理の実践です。

心を映す鏡である、部屋の整理を毎日10分だけする。

中期目標は、すべての領域(台所、クローゼット、リビングなど)

で、必要なもの以外ない、そして、すべてのものに居場所を作ること

まずは、冷蔵庫から。。。

どうか、この気持ちが長続きしますように。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »