« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

昭和のにおい

1964年といえば、私がこの世に生まれる前の年

昭和39年

東京オリンピックで日本中が沸いていたらしい。

昨夜、レイトショーで「3丁目の夕日‘64」

を観賞した。

みんなが「上」を目指していたんだな~

映画にでてきた人たちは、少しお人好しに過ぎる人

と言えなくもないが、でも、なんか「そうだったかな~」

という記憶はある。

売れない小説家の親父にしても、

鈴木オートの社長にしても、

表現の仕方が乱暴ではあるが、真剣に家族を愛している。

自分が憎まれ役になっても、そんなことは構わない。

息子や娘(実のではないが)が、生きて行くのに必要なことを教える。

そんな親が、今どれほどいるだろうか。

「甘やかし」と言われても仕方がないような優しさは、

日本の形を少しずつ変えてきたのかもしれない。

子どもに憎まれたくない親が増えたのではなか。

振り返って、「自分もそうだ」とはたと気づく。

もちろん、そんな親世代の愛情表現に愛情を感じなかったゆえに

「自分の子どもには、そんな思いはさせないでおこう」

と、自分なりの子育てを追求した結果でもある。

長女は、「昭和時代」が好きならしい。

多様化した価値観の現代に、少し疲れているのかもしれない。

国民がみんな一つの夢に向かって、共感しあっている。

そんな風にうつったのかもしれない。

昨夜にそんなこんなで、目が腫れるほど涙して

今朝は、昼近くまで休んでいた。

電話で起こされて、やっとのことで頭に血が巡ってきて、

今日は、「号笛」コンサートだったと思いだした。

「号笛」というのは、国鉄労働組合の労働者で構成されている

合唱団のことだ。

若いころ、国労の青年部の人たちとスキーに行ったり、

吞み会に一緒したりで、楽しい時間を過ごした。

それこそ、昭和の最後の時代。

今も、もちろん会うと固い握手を交わす「仲間」も少なくないが、

号笛の合唱をきくのは久しぶりだった。

「号笛コンサート」は今年、6回目で、今日は仙台石巻からも

福島からも合唱団や歌う会の人たちが来て、

被災地東北から逆に元気をもらった。

一般には知られていないレアな唄をたくさん聴かせてもらった。

組合員であるだけでJRから解雇された1047名の組合員は、

20数年にも及ぶ裁判の末に、昨年国・JRと和解をした。

再雇用はなかったけれど、これまでのたたかいで

どれだけたくさんの人とつながったことだろう。

そして、今は、東北の震災を受けて、現地の仲間や家族、

地元の人たちを実際にも支援し、

うたごえでも励まし続けている。

出世や金もうけには全く縁がなく、仲間と酒とそして

ただ、ひたすらに鉄道が好きで好きでたまらない人たち。

愛する鉄道と、乗客の安全のために、国や会社に物を言ってきた。

私は、そんな彼らに男気と労働者の心意気を感じる。

号笛の歌う唄は、私の心の波長ととてもよく合っているのだろう。

あるいは、楽しかった若いころの記憶のせいかもしれないが、

ワクワクしたり、胸が熱くなる。

特に、「あさもや」とか「空が白々とあける」

などという歌詞をきくと、夜行列車でスキーへ行った時の

なんとも言えない早朝の情景が脳裏に浮かぶ。

アンコールで「俺たちのシルクロード」を大声で一緒に歌って、

大満足して帰った。

昭和のにおいがした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

頑張れ!大阪市職員

大阪市職員のみなさん

新市長当選以来、戦々恐々とした毎日をお過ごしだったことと思います。

そして、まさか、そこまでは・・・

と思っていたことが、実際に実施されました。

実際に、アンケートの質問事項を読んで、

また、橋下徹市長のサイン入り「命令書」を読んで、

吐き気がしました。

「思想調査アンケート」

「不祥事」にかこつけて、強制的に思想調査をするなんて

卑劣です。

不祥事や違法なことはそれとして調査して、処分すればいいのです。

なぜ、全員のプライバシーを踏みにじる理由になるのでしょうか?

まるで、江戸時代の「踏み絵」です。

ここでは言い尽くせないほど、たくさん意見をいいたいのですが、

元大阪市職員だった夫を持つ身として、

今、一番言いたいのは、

大阪市職員のみなさん。

負けないで、頑張ってください。

この問題は、決して公務員だけの問題ではありません。

私たち国民一人一人の内心の自由が侵される

その第1歩なのだと私は理解しています。

そんなアンケートはボイコットしてください。

全員で、誰一人出さないでください。

橋下さんを好きな人も、期待しておられる方もいるでしょう。

でも、人間は誰にでも間違いがあります。

そして、これは、明らかな間違いです。

好きな相手でも、間違ったことを押し付けられれば

断ることができるのは、当然です。

一致できるところは協力すればいいですが、

お願いです。こればかりは、みなさんが橋下氏に間違いだよと

たしなめてあげてください。

私たち市民の為に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

節分

いや~

今年もとうとう今日が来て、過ぎようとしています。

2月3日私の誕生日です。

みなさんから、温かいハッピーバースデーメールをいただきました。

ありがとうございます。

今年の正月にいろいろと決意しましたが、

今日の気づきにより

やっと脱皮できそうです。

へび年生まれの私が脱皮したら・・・

蛇女になるのか、

節分生まれの私の変身は

角が生えてきて、鬼になるのかわかりませんが

背中の皮が、ピリピリッ

頭のてっぺんが、モリモリ?!

これからもよろしくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »