« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月12日 (月)

3.11と9.11

日付が変わりましたが、3.11は東日本大震災から1年目

昼間は、いろいろな取り組みが各地であったようですが、

結局私は、どこにも参加できませんでした。

長女が母校の吹奏楽コンサートにOBとして参加するというので、

何とかそれにだけ間に合わせるように、会場に滑り込み、

2部の始まる直前に間に合いました。

会場に入ると、舞台の端っこで、ボードを2枚あわせた小さなスクリーンに

3.11震災後の被災地の写真が映し出されていました。

津波に流された家々、奪われたてしまった人々の命。

そして、生と死の境をその目で見ながらのこされた人々。

本当に何が一番大切だったのかを、こんな形で胸に深く刻まれた瞬間

高校生たちが、ボランティアをしたり、

自分の一番幸せだと感じる瞬間を、

それぞれの思いを込めて話している映像。

「家族と話している時」

「友達と笑い合っている時」

そんな時間が、ほんとうに大切なんだとしみじみと思いました。

夕方、母の入浴を長女にたのみ、その間に私は実家の家事を済ませ

その後、長女と映画を観ました。

今年3つ目の映画館での観賞です。

「ものすごく うるさくて ありえないほど ちかい」

という題の映画です。

トムハンクスが出ているあれです。

「9.11」で大好きだった父親を亡くした少年とその家族の話でした。

この映画を見ることになったのは、

「今日は3.11だから」 と言った長女のひとことで決まりました。

映画が終わって出るなり、長女は「重い」とうめきました。

突然、何の前触れもなく、目の前で、あるいは電話の向こうで、

死に直面している夫・父を感じながら、どうすることもできないのです。

そして、崩壊したビルの瓦礫の中からは、

身体の一部さえ帰ってこないということを、

どう受け止めたらいいのでしょうか。

遺された者は、どう生きて行けばいいのでしょう。

去年の大震災でも、どれだけの人が目の前で肉親をなくし、

子や孫をなくし、いまだに帰ってこない家族を待ち続けているのでしょうか。

遺された方お一人おひとりが、毎日毎日ありえないほど歯を食いしばり、

生きておられるのではないでしょうか

「ありえないほど、がんばったんだ!!」

と主人公の少年は、母に向かって叫びます。

母親は、「知っているわ。わかっているわ」

「そんなの、うそだ」と少年は言いますが、

母親は何故、少年のがんばりを知っているのかを語ります。

今回の震災で募金をしたくらいで、何もできていない私ですが、

被災された方、遺された方が、

どんな思いをしておられるのか、

知らないままではいけない。

どんなに歯を食いしばり、がんばっておられるのかを、

ちゃんと知らなければ、という思いを強くしました。

長女は、寒い夜道を歩きながら、

「とりあえず、出かけたら自分の居場所は知らせるようにしよ。

いつ、最後になるかわからないから」

私は、「そう」

と軽く返事しながら、19の娘に

こんなセリフを言わせる暗い世の中に、

寒気を覚えました。

・・・寒風の精だったのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

めざせ!音楽療法士

長女は、音楽療法士を目指している。

その職業を高校1年のときに知り、

それ以来、その道を地道に歩み続けている。

えらいな~

と本心から思う。

その道に進むために、わずかな選択肢を着実に選んで、

今、大学1年生。私立大学の音楽学部応用音楽学科に在籍している。

少人数で、先生にも恵まれ(長女は小学校のときから先生に恵まれ続けている!)

たくさん必要なことを学んできた1年。

もう、3年くらい通っているのか、と錯覚するほど、

我がものにして行っている。

最近では、たくさん実習や病院、老人ホームなどに見学に行かせてもらっている。

家で練習するピアノは、前期はほぼクラッシック、

ショパンやベートーベンの調べをきかせてもらっていたが、

後期に入り、音楽療法の専門教科が多くなってくると、

日本の文部省歌、演歌、懐メロになってきた。

私が家に帰ってくると、お風呂から歌声がしてくる。

「♪あ~いしても あいしても あ~あ~~人の妻~♪」

「♪わか~く あかるい うたごえに~ なだれもきえるはなもさく~」

お~なつかしのメロディ~ 

上がってきた長女がひとこと

「昭和の歌って、癒されるわ~」

それは、よかったね。

「でも、電車でヘッドホンで聞いてる時、

音が漏れてないか、むっちゃ気になるわ~」

そやろな。いきなり、イヤホン根元から抜けた日にゃ~・・・クククっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

はやぶさ 遥かなる帰還

観ました。はやぶさ

宇宙モノを扱う映画にして、この地味さ

ハリウッド映画では、ありえない・・・

でも、それがまた、リアリティを感じさせた。

もともと、宇宙のお話が大好きな私には、

いろんな意味で、感動ポイントがあった。

「ボロをまとったマイリンモンロー」と言われるような

設備の中で、超理系の頭脳が集結している

はやぶさに送る命令のコマンドを、その場で打って送信する

コンマ一つ間違えても命取りなんだろうな~と思うと、

私は絶対できない仕事だと思う。

結構細かいところまでリアルに伝わっていたのでは、と感じた。

しかし、見どころはやはり

全身創痍で、大気圏に突入したはやぶさ本体と

サンプル採集用のカプセルが、

オーストラリアの素晴らしい星空の元、

まるで年老いた親が、その役割をしっかりとはたし、

あとは、大切に守ってきた子にバトンを渡して

使命を引き継ぐ、あのシーンだろう。

もっと、あの映像みたかったな~

出演者の顔アップ、申し訳ないけど、いらなかった。

(それなら、BSのプラネットを見てるのといっしょか・・・・)

さて、次なる映画観賞は、

「ありえないほど・・・」と行きますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »