« 100年前の4月14日 | トップページ

2012年5月23日 (水)

か、か、火事だ~

さっき、3台の消防車と、1台の救急車、1台のパトカーが

帰って行きました。

あ~怖かった・・・・

ルーム(ハイツの5階)でセミナーをしていて、

そろそろ終わろうとしたとき、

突然、ハイツ中に鳴り響く火災報知機

ジジジジジジーーーーーーーーーーー

よく、学校やマンションの火災報知機がなり、

なんだ、なんだと出ていくと、いたずらだった、

みたいな経験をしていると、案外冷静にいてしまう。

「では、火事のようなので、終わりましょう ^^ ウフ」

みたいなノリで終わったものの、

一応、窓を開けたり、玄関を開けて様子を見にでると、

クンクン なんだか、臭い。。。

でも、香ばしいにおいの様な気もするな~

近所の外国人らしき女性もたどたどしい日本語で、

「ナニ アッタデスカ? ドウシタラ イイデスカ? コワイデス、エ~」

とうろたえている。

このハイツで開業して5年目だけれども、

同じ階の人と初めて顔を合わせ、話したな~

なんてことに、感激しながら・・・

「大丈夫、落ち着きましょう。・・・でも、臭いな~ 外に出ましょう」

と、セミナー参加者にも声をかけて、カバンを持って外へ。

かなりの煙のにおい。「ううわ、マジ!?」

鍵を閉めたけど、「携帯忘れた・・・タオルいるかも」

と、もう一度部屋の中に入り、携帯電話とタオルをつかんで外へ。

そして、まだまだ冷静。

鍵を閉めて、階段を下りて行った。

4階、3階、と下に行くほど、煙が充満している。

いったん、下に降りた人が、上がってきて、

「アカン、上に行こう」

という。

アカンって・・・・マジで火事?!!!

と思うと、急に手が震えてきた。

目が、痛い。息も苦しい。

上にあがって、どうするの!

「煙と なんとかは 高いとこのぼる」っていうやんか~

と、いったんは上にあがりかけたけど、

セミナー参加者のお一人と、勇気を振り絞り

下へ、下へ。

タオル、濡らしてくれば良かった。。。。

どうやら2階から煙が出ているらしい。

2階のローカは真っ白で、息がますます苦しくなる。

・・・2階だと思ったのは、1階に下りてからだったので、

2階にいるときは、あと1階と思えない。

もうすぐだろうとは思うけど、この煙をくぐっていっていいものか・・・

煙を吸って、一酸化炭素中毒なんぞにならないだろうか・・・

不安になる。

なんとか、外に出られた。

ハイツの人が順に下りてきて、しばらく様子を見ていると、

2階の非常階段あたりから、女性の声で、

「助けて~ 誰か~ 真っ暗で何も見えない 怖い~」と悲鳴が間近で聞こえる。

その声に、セミナー参加者の方が「落ち着いて、今どこですか?」

と声をかけている。

別の住人は、非常ばしごを登って様子を見に行く。

みんな、すごい。非常時はこうして助け合うんや。

捨てたもんちゃうな・・・このハイツも・・・

でも、でも・・・・みんな、気づいてないかもしれないけど、

誰も消防に電話している人はいない。

「電話しました?」

と近くにいた男性に声をかけると、「いいや」

という返事。

社会心理学で習った~

こんな非常事態に、たくさん人がいると、

誰も通報しないということもある。

みんな、「誰かがしてくれるだろう」と思うのだ。

「しゃーない。私がする。」

と119番。

以前、人が道で倒れてるときに、救急に電話しようとして

110番して、「すんません。警察にかかってますよ~」

と言われ、恥ずかしいかったことがあったので、

冷静にダイヤルできた。やっぱり、恥もかくもんですね。

「救急ですか?消防ですか?」

と電話の向こうで男性が問う。

私  「えっと、火事です。」

男性 「住所をお願いします。」

私  「北区●●5-3-5」

男性 「すみません。●●には5丁目はありません!」

私 「あっ!(いつもどっちやったかな~と思うけど、これで忘れへんは~)

   3-5-3 ●●ハイツ 2階からのようです。煙がいっぱい出てます」

男性 「2階ですね。あなたは住人の方ですか?」

私 「えっと、部屋を借りてるものです」(ちょっと、変かな。。。。答え方)

男性 「お名前を」

私 「福田茂子です」

男性 「ありがとうございます。今出動しました。」

という感じで、通報終わり。

2~3分で警笛を鳴らしながら、消防車が駆け付け、

実は、鍋の空焚きだったということがわかり、

みんな安心した、のですが・・・

結構、ドキドキしました。

でも、同じ階の人と顔見知りになったし、

ハイツの人が、少し近くに感じれたし、

大事もなくて、ホントよかった。

みなさん、火の始末、鍋のかけっぱなし、

気をつけましょうね。

火の用心 チョンチョン

|

« 100年前の4月14日 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409918/45383887

この記事へのトラックバック一覧です: か、か、火事だ~:

« 100年前の4月14日 | トップページ